夜は短し 酒飲め乙女

今日もよく頑張りました。疲れた日には梅酒と映画が一番

映画「アメリ」から学ぶ、”日常のささやかな楽しみ” の大切さ

お題「ゆっくり見たい映画」

お題「#おうち時間

 

 

皆さんこんばんは。キキです。

 

 

いかがお過ごしでしょうか。最近梅雨の季節が入ってきたのか曇りや雨が多くどんよりしますね。。。

 

私は気圧によって片頭痛とかひどくなってしまうので困ったものです。 

 さてさて、本日紹介させていいただく映画は

 

映画「アメリ

 

f:id:liliyychang:20200515201915j:plain

 

幼いころから人とほとんど関わりを持たずに大人になった主人公、アメリ

ひょんなことから 家のがれきの壁に穴が開いてしまい。。その穴を除くと、昔アメリの家に住んでいた”見知らぬ男”の宝箱が発掘されます。

 

アメリは興味心を掻き立てられ、なんとかその持ち主に箱を返してあげたい。その思いから一人はるばる離れた街に出て、間接的ではありますが元の持ち主に箱を返してあげるんですね。するとその男は、ふたを開けたように昔の思い出にふけり大泣きするのでした。

 

それが実はアメリの最初の”人を助ける後に生まれる不思議なほっこりとした感情”に出会うきっかけとなるのです。

 

アメリはその後も自分にほっこりとした感情を与えてくれる人助けをたくさんします。

 

しかしその途中で、ニノという、人が証明写真を撮った後、不要だとゴミ箱に捨てていった証明写真集めることが好きな一風変わった青年にをアメリは恋をしてしまうのです。

 

人とほとんど関わりを持たずに育ったアメリが恋をした。不器用ながらも、なんとか自分の恋心と向き合うアメリ

 

少し話過ぎてしまいました。彼女の恋の行方はいかに。ここからはぜひ実際にアメリを見てみてください。Netflix で現在視聴可能です。

 

日常に”ささやかな楽しみ”を付け足す

 

映画「アメリ」の冒頭シーンでは、いかにもフレンチシックらしい、”日常のささやかな楽しみ”が紹介されています。

例えば、アメリはクリームブリュレの焼き目をスプーンで壊すとき、豆袋の中に手を突っ込むこと。

 

 

その ”ささやかな幸せ”こそが、人生を楽しく豊かにするちょっとしたスパイスなのかもしれませんね。

 

私たちもアメリたちを見習って日常のささやかな楽しみを見つけてみたら楽しいかもしれません。

 

私は、晴れた日に家の庭にキャンプ用椅子を出して、ジャズをかけながら読書をする時間 が今のささやかな日常の楽しみです。晴れの日にしかできないっていうのもまた良いんですよね。。。。梅雨よ早く去ってくれ、、、

 

今日もここまで読んでくださりありがとうございました。

明日からまた1週間頑張っていきましょう!体調にはお気をつけて。

 

キキ